ブログ

新鮮さを忘れない!!

店先に並べられた、お野菜でもお魚でもお肉でもお花でも新鮮でフレッシュで生き生きしている方が良いに決まっています。

私達人間もそう。

「初心忘るべからず」の言葉通り、私達美容職人の仕事も、ドキドキしながら緊張しながら、お客様のシャンプーを担当させていただいた良い意味での緊張感。真摯な気持ち。もっと上手になりたい。お客様に喜んでいただきたい。

そんな気持ちをずっと高いテンションで持ち続けていなければいけないばず。

キャリアを積み重ね、長い期間お仕事をさせていただいていると、その分「技術力」は当然上がるのですが、どうしてもこのスタートした頃の「新鮮力」が薄れてきてしまう。

初めてお客様から「ありがとう」と言われた時の泣きそうになる位、嬉しかった感謝の心。

お客様や先輩からご指摘や注意を受けた時、真摯に受け止めた謙虚な気持ち。

早く色んな技術を覚えたいと毎日前向きに行動し、新しい何かを修得できた時のキラキラした感覚。

そんな「新鮮力」を私達は「技術力」と共に持ち続ける事を忘れません。

 

新鮮力+技術力

ではありません。

新鮮力×技術力

より大きな広い面積のパワーで皆様のリクエストにお応えしてまいります。

 

キューティクルって何色??

ヘアケア商品のTVコマーシャルや雑誌広告等で、よく見かける髪の毛の断面図や拡大図。

皆様もよくご存じの、あの「ヘビからウロコ」の様な「タケノコの皮」のような、髪の表面部分、キューティクル。

 

実は何色かご存知でしょうか??

 

正解は無色透明・・・。

ざっくりと言ってしまうとサランナップの様な感じ。黒髪の日本人も透明、ブロンドの外国人も透明、赤くヘアカラーしても、赤になるわけではないのです。

 

何故ならキューティクルそのものに、色素細胞が(メラニン細胞)がないからです。

キューティクルはごく薄い皮の様なものが、4~6枚タケノコの皮のように重なっています。

そして、その一枚一枚がまた8つの層に分かれています。

この8つの層のうち、3つの層をくぐり抜け、ヘアカラー剤が髪の毛の内部に浸透して髪の色が変わるというのが、ざっくしとしたヘアカラーのしくみ。

 

当たり前の様に頭に生えている髪の毛。その細かい1本1本が、そんな複雑な仕組みになっているなんて、

なんか人体の神秘すら感じてしまいます。

確かに髪が生えている生物は地球上では、人類だけですから。

モロッカンオイルがメンズにオススメ!!

ヘアオイルの定番アイテムとなった「モロッカンオイル」
今、メンズに大人気の商品となっています。

髪のコンディションを整えるのはもちろん、べたつきが残らないので、スタイリングやフィニッシングにも使えるのが魅力。
コスメっぽくない品の良い香りは、女性ウケ抜群というのも人気の理由です。

ヘアスタイルも香りも全部まとめて【モテ髪】に!!

 

 

美容師だってアスリートだ!

極寒の中、開催中のピョンヤンオリンピック。

テレビでは解説者の方々がよく「ジャンプのスタイルを変えた」とか「○○の型を変えた」とか話しています。

 

この「型」基本の姿勢とか体の動きって、実は私達美容師にとっても大変大事で、何をするにも基礎になる大切なポイントです。

カラーやパーマ、そしてカットの場面でコーム(クシ)で髪を細かく分けていく「ブロッキング」という作業があります。

一見、いい加減に適当にやっている様に見えますが、これがしっかりキレイにできなければ、とてもきちんとした仕上がりは望めません。

正確な「ブロッキング」の為には、背筋を真っ直ぐに伸ばし、かつ髪の毛の位置を真っ直ぐ平行に目線をもっていかなければなりません。(カットとなると、なおさら細かな目が要求されます)

 

となると、必然的にスクワッドの様な体勢をとることになり、慣れないうちは太ももが筋肉痛になります(笑)

その他、目だけはなく体全体も一緒に動かさないと正しい施術ができない場面も多々あります。

 

今度、美容室にいらした際には、是非美容師の体の動きを注意して見てみて下さい。

結構、身体を張ってお仕事してます!

2月定休日のお知らせ

誠に勝手ではございますが、社員研修の為、2月20日(火)26日(月)27日(火)はお休みとさせて頂きます。